物語良品館資料室

ここは、小説・映画などから面白そうな作品をピックアップし、良作候補としてその概要を保管しておく場です。どれが良作候補であるかは、「なんか評判がよさそうだから、有名な賞をとったから」などというノリでアバウトに決めています。また、個人的な趣味も色濃く反映されています。もちろん、ここに載っていないからといって良作でないというわけではありません。作品を格付けするのが目的ではなく、作品の購入&レンタル候補としてチェックしておくためだけのサイトなので、その点ご了承ください。各タイトルのコメントも一部を除いて管理人自身の意見ではなく、ネットなどの最大公約数的感想をざっくりとまとめたものです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆Amazonアソシエイト参加表明文 当サイト、物語良品館資料室はamazonアソシエイトプログラムに参加を申請し、承認されました。ついては規約に従い、その旨を表明致します。

タグ:直木賞

第156回直木賞候補作概要と受賞作予想

更新終了☆☆☆2017年1月19日発表予定の直木賞の候補作について概要をまとめてみました。十二人の死にたい子供たち(沖方丁)本書は安楽死をするために病院跡に集まった12人の子供たちが、ベットの上で息絶えている見知らぬ13人目の子供を発見し、事件に対する推理や自分が自

第155回直木賞候補作概要

更新終了☆☆☆7月19日発表予定の第155回直木賞。その候補作品の概要をまとめてみました。今回は作者全員が直木賞ノミネート経験者であり、しかも、6人の内5人が直木賞と並ぶ3大大衆文学賞と言うべき山本周五郎賞か、吉川英治文学新人賞を受賞しています。実力者揃いのメンツ

第154回直木賞候補作概要

更新終了☆☆☆先日発表のあった直木賞の候補作品についてまとめです。孤狼の血(柚月裕子) 昭和63年の広島。新人刑事・日岡がやくざとの癒着が噂されている刑事・大上とコンビを組み、やくざの抗争に挑んでいく。本作は、「このミステリーがすごい!」で3位に選ばれ、アン

↑このページのトップヘ