物語良品館資料室

ここは、ミステリー小説を中心としつつ、あらゆるジャンルの小説・映画・漫画などから面白そうな作品をピックアップし、良作候補としてその概要を保管しておく場です。どれが良作候補であるかは、「なんか評判がよさそうだから、有名な賞をとったから」などというノリでアバウトに決めています。また、個人的な趣味も色濃く反映されています。もちろん、ここに載っていないからといって良作でないというわけではありません。作品を格付けするのが目的ではなく、作品の購入&レンタル候補としてチェックしておくためだけのサイトなので、その点ご了承ください。各タイトルのコメントも一部を除いて管理人自身の意見ではなく、ネットなどの最大公約数的感想をざっくりとまとめたものです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・amazonアソシエイト参加表明文 当サイト、物語良品館資料室はamazonアソシエイトプログラムに参加を申請し、承認されました。ついては規約に従い、その旨を表明致します。

タグ:海外ミステリー

【樽】F・W・クロフツおすすめ作品【フレンチ警部】

最新更新日2018/4/21☆☆☆F・W・クロフツことフリーマン・ウイルス・クロフツはミステリー黄金期が到来した1920年に名作「樽」でデビューし、その後も優れた作品をコンスタントに発表していきます。その質と量は黄金期の3大巨匠、クリスティ、クイーン、カーにも匹敵するほ

ポール・アルテ作品ガイド【フランスのディクスン・カー】

最新更新日2018/04/01☆☆☆ポール・アルテはフランスのディクスン・カーと称され、海外のミステリー作家としては今時珍しい極めてクラシカルなタイプの本格派です。商業デビューは1987年と日本の新本格ブーム到来と同じ年なのも因縁めいたものを感じます。ちなみに、日本で

劇場版アガサ・クリスティ/小説&映画同時レビュー

最新更新日2018/02/04☆☆☆ミステリー黄金時代の3大巨匠と言えば、アガサ・クリスティ、エラリー・クイーン、ディクスン・カーの3人ですが、こと大衆人気という点ではクリスティが他の2人を大きく凌駕しています。それは没後半世紀近くたっても次々と新しい映画が作られてい

 【忘却の巨匠】ヴァン・ダイン作品ガイド【ファイロ・ヴァンス】

最新更新日2018/01/13☆☆☆彗星のごとく現れてアメリカミステリー界の巨匠として君臨し、その後母国では跡形もなく忘れ去られたヴァン・ダインの12長編+αについて解説をしていきます。ベンスン殺人事件(1926)証券会社の経営者であるベンスン氏が自宅で射殺される。有力

このミステリーがすごい!2019年版 海外ベスト20予想

最新更新日2018/07/012☆☆☆ Previous⇒このミステリーがすごい!2017年版 国内&海外ベスト10予想このミス2019対象作品である2017年11月1日~2018年10月31日発売のミステリー&エンタメ作品の中からこのミスベスト20の順位予想をしていきます。  ただし、あくまでも個人

2018年発売!注目の海外本格ミステリ

最新更新日2018/06/03☆☆☆Previous⇒2017年発売!注目の海外本格ミステリ葬儀屋の次の仕事(マージェリー・アリンガム)名家パリノード一家は没落し、今はロンドンの一角のエプロン街で下宿人としてひっそりと暮らしていた。ところが、その家族の間で怪死事件が立て続けに

2018年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2018/07/03☆☆☆Previous⇒2017年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説花殺し月の殺人ーインディアン連続怪死事件とFBIの誕生20世紀の初め、インディアンの居留地で大量の石油が見つかったことにより、その地に住んでいたオセージ族は一躍億万長者にの

外典エラリー・クイーン不完全ガイド 【代筆&名義貸し】

最新更新日2017/12/10☆☆☆エラリー・クイーンはアガサ・クリスティ、ジョン・ディクスン・カーと並ぶ推理小説の黄金期3大巨匠として知られています。徹底的したロジカルな推理へのこだわりとそれを突き詰めていった末に至る「後期クイーン問題」などから熱烈なファンが多い

2017年発売!注目の海外本格ミステリ

最新更新日2018/01/12☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の海外本格ミステリPrevious⇒2016年発売!注目の海外本格ミステリ2018本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2017-12-07三つの栓(ロナルド・A・ノックス)65歳未満で亡くなると保険金が支払われるという安

2017年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2018/03/19☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説Previous⇒2016年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09蝶のいた庭(ドット・ハチソン)拉致監禁されていた若い

2017年発売!注目の海外冒険小説&ハードボイルド

最新更新日2018/06/08☆☆☆このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09ニューヨーク1954(ディヴィット・C・テイラー)赤狩りが吹き荒れる1950年代のニューヨーク。ブロードウェイで活動しているダンサーが自宅のアパートで殺されているのが発見される。彼

ベイジル・ウィリング博士シリーズ全作品ガイド【ヘレン・マクロイ】

/最新更新日2017/11/14☆☆☆戦前から戦後にかけて欧米ではすぐれた本格ミステリが数多く輩出されましたが、昭和の時代においては、その多くは日本の読者の目に触れることはありませんでした。アガサ・クリスティ、エラリー・クイーン、ディクスン・カーなどといったビッグネ

不可能犯罪の歴史 海外編Ⅰ.ディスクン・カー以前

最新更新日2016/06/09☆☆☆Next⇒不可能犯罪の歴史 海外編Ⅱ.ジョン・ディクスン・カーの時代内部から鍵のかかっている部屋に死体が転がっている密室殺人、袋小路から忽然と姿を消す人間消失、犯人は空中を歩いたとしか思えない足跡のない殺人など物理的に不可能と思われる現

不可能犯罪の歴史 海外編Ⅱ.ジョン・ディクスン・カーの時代

最新更新日2016/06/09☆☆☆Previous⇒不可能犯罪の歴史 海外編Ⅰ.ディスクン・カー以前1930年に『夜歩く』でミステリー作家としてデビューを果たしたジョン・ディクスン・カーは、次々と独創的なトリックを考案して不可能犯罪のバリエーションを広げていきました。それと並

海外本格ミステリの歴史Ⅰ.黎明期

最新更新日2016/05/28☆☆☆Nexst⇒海外本格ミステリの歴史Ⅱ.発展期ミステリー小説が誕生して200年近くになりますが、その間に星の数ほどの作品が登場しました。その中から、まずは本格系ミステリーに絞って、主要作品を紹介していきます。1841年モルグ街の殺人(エドガー・

海外本格ミステリの歴史Ⅱ.発展期

最新更新日2016/03/01☆☆☆Next⇒海外本格ミステリの歴史Ⅲ.黄金期Previous⇒海外本格ミステリの歴史Ⅰ.黎明期シャーロックホームズが一大ブームとなってからはそれに追随作品が次々と誕生し、名探偵が難事件を解決するというフォーマットが固まっていきます。それに従い、

海外本格ミステリの歴史Ⅲ.黄金期

最新更新日2016/02/27☆☆☆Previous⇒海外本格ミステリの歴史Ⅱ.発展期1920年代になるといよいよ本格ミステリが花開きます。短編ミステリに代わって長編が主役の座につき、長編ミステリーの巨匠たちが登場します。1920年から約20年間が黄金期と呼ばれる時代です。1920年スタ

このミステリーがすごい!2017年版 国内&海外ベスト10予想

更新終了☆☆☆Next⇒このミステリーがすごい!2019年版 国内ベスト20予想Previous⇒このミステリーがすごい!2016年版 国内ベスト10予想このミス2017このミステリーがすごい! 2017年版 [単行本]宝島社2016-12-10 国内編順位予想去年惨敗の管理人が再度このミスベス地10の予

本格ミステリベスト10・2017年版 国内&海外予想

更新終了☆☆☆Next⇒本格ミステリベスト10・2019年国内版予想Previous⇒本格ミステリベスト10・ 2016年版国内版順位予想本ミス20172017本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2016-12-05国内編順位予想このミスに比べれは割と的中率は高かった去年の本ミス。

2016年発売!注目の海外本格ミステリ

最新更新日2017/12/07☆☆☆Next⇒2017年発売!注目の海外本格ミステリPrevious⇒2015年発売!注目の海外本格ミステリ浴室には誰もいない(コリン・ワトソン)英国ではユーモア・ミステリーの書き手として知られるコリン・ワトソンの『愚者たちの棺』に続く日本上陸作。家の

↑このページのトップヘ