物語良品館資料室

ここは、ミステリー小説を中心としつつ、あらゆるジャンルの小説・映画・漫画などから面白そうな作品をピックアップし、良作候補としてその概要を保管しておく場です。どれが良作候補であるかは、「なんか評判がよさそうだから、有名な賞をとったから」などというノリでアバウトに決めています。また、個人的な趣味も色濃く反映されています。もちろん、ここに載っていないからといって良作でないというわけではありません。作品を格付けするのが目的ではなく、作品の購入&レンタル候補としてチェックしておくためだけのサイトなので、その点ご了承ください。各タイトルのコメントも一部を除いて管理人自身の意見ではなく、ネットなどの最大公約数的感想をざっくりとまとめたものです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・amazonアソシエイト参加表明文 当サイト、物語良品館資料室はamazonアソシエイトプログラムに参加を申請し、承認されました。ついては規約に従い、その旨を表明致します。

タグ:国内ミステリー

このミステリーがすごい!2019年版 国内ベスト20予想

 最新更新日2018/01/13☆☆☆このミス2019対象作品である2017年11月1日~2018年10月31日発売のミステリー&エンタメ作品の中からこのミスベスト20の予想をしていきます。  国内版暫定予想順位(2018年1月現在) 1位.U(皆川博子)   傾国の時を迎えようとしていたオスマ

国内本格ミステリの歴史Ⅰ.戦前の探偵小説

最新更新日2017/12/18☆☆☆日本は、世界でも類を見ないほど本格ミステリが盛んな国です。しかし、一朝一夕でそうなったわけではなく、その発展の裏には長い歴史があります。一体どのような過程を経て今に至るのか、主要な作品を紹介しながら見ていきます。1889年無惨(黒岩

国内本格ミステリの歴史Ⅱ.戦後の本格ブーム

最終更新日2017/12/19☆☆☆第2次世界大戦中、禁じられていた探偵小説が終戦と共に解禁となったことにより、日本では本格ミステリ文化が一気に花開きます。戦前は短編中心だった探偵小説が打って変わり、長編傑作が次々と発表されるようになったのです。それはちょうと英米に

国内本格ミステリの歴史Ⅲ.社会派推理小説の台頭

最新更新日2017/12/29☆☆☆社会問題や庶民の身近な問題に重きを置き、リアリティのある事件を描く社会派推理小説は松本清張の登場と共に多くの読者の支持を得、一大ジャンルを築いていくことになります。日本が経済発展を遂げる中で生じた社会のゆがみを描いたそれらの物語

おすすめ!日本の密室殺人ミステリー

最新更新日2017/3/27☆☆☆本格ミステリの歴史を鮮やかに彩る密室トリックは最初のミステリー小説である『モルグ街の殺人』ですでにその萌芽をを見せ、『ビッグボウの怪事件』、『黄色い部屋の謎』などを経て、ジョン・ディスクン・カーの登場とともに大きく花開いていきます

2017年発売!注目の国内本格ミステリ

最新更新日2018/01/14☆☆☆2018本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2017-12-07本格ミステリ戯作三昧ー贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力(飯城勇三)名探偵・神津恭介の元を訪れた男は自分のことを墨野隴人だと名乗る。そして、神津恭介に向かって推

2017年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2017/11/27☆☆☆このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09ホワイトラビット(伊坂光太郎)誘拐グループの一員である兎田は愛する妻と満ち足りた日々を過ごしていた。しかし、ある日、その妻が何者かに誘拐されてしまう。彼女を取り戻すにはある

2017年発売!注目の国内冒険小説&ノワール

最新更新日2017/12/11☆☆☆このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09地獄の犬たち(深町秋生)警視庁を揺るがす重大な秘密を握る巨大暴力団組織の会長・十朱。彼を抹殺するために潜入捜査官の出月は名前も顔も変えて組織に潜り込む。そして、殺しも辞さな

【涙香迷宮】竹本健治おすすめ作品【2017年このミス1位】

最新更新日2017/01/10☆☆☆2017年版このミステリーがすごい!において見事第1位をゲットした竹本健治氏は、40年のキャリアを誇るベテラン作家です。そこで、初の1位を記念して、過去に書かれた作品の中でおすすめのものを紹介していきます。匣の中の失楽 (1978)『ドラマグ

60年代&70年代限定!西村京太郎作品おすすめベスト10

最新更新日2016/06/02☆☆☆西村京太郎氏と言えば、トラベルミステリーの第一人者として知られています。これまで発表されたトラベルミステリーがおおよそ500冊というのですからとんでもない数です。西村氏が初めてトラベルミステリーを書いたのは1978年で、ほぼトラベルミス

このミステリーがすごい!2017年版 国内&海外ベスト10予想

更新終了☆☆☆このミス2017このミステリーがすごい! 2017年版 [単行本]宝島社2016-12-10 国内編順位予想去年惨敗の管理人が再度このミスベス地10の予想に挑戦します。今年は去年以上に本命不在で予想は困難を極めました。それでもがんばって順位づけした結果がこれです。①

本格ミステリベスト10・2017年版 国内&海外予想

更新終了☆☆☆本ミス20172017本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2016-12-05国内編順位予想このミスに比べれは割と的中率は高かった去年の本ミス。しかし、今年は本命不在なため、ラインナップはある程度当てられても順位予想は難しそうです。まずは1位ジ

2016年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説

最近更新日2017/12/25☆☆☆愚者の毒(宇佐美まこと)1965年の炭坑での悲惨な生活と陰惨な殺人に端を発する因縁話はひたすら重苦しいトーンで進んでいきますす。しかし、その物語にはぐいぐいと読者を引っ張っていく力強さがあり、散りばめられた伏線をきれいに回収する技巧

2016年発売!注目の国内冒険小説&ノワール

最新更新日2017/12/10夜明けまで眠らない(大沢在昌)元傭兵のタクシードライバー。足を洗って目立たず生きる日々。しかし、血の匂いのする客を乗せ、再び戦い巻き込まれる。設定は元傭兵というありがちなもので、ストーリーも騒動に巻き込まれてドンパチやるだけの単純なも

戦前の探偵小説作家についてまとめてみた

最新更新日2017/11/16☆☆☆戦後の作家に比べ、あまりその存在が知られていない戦前の探偵小説作家についてまとめてみました。今となってはマイナーになってしまった作家にも意外と良作が隠れているものです。なお、この時期の作家は著作権が切れている場合が多いので、興味

本格ミステリ限定、森村誠一作品おすすめ10選

最新更新日2015/11/23☆☆☆社会派ミステリーの色が強い森村誠一氏の作品群ですが、初期には、社会問題を絡めつつも王道的な本格ミステリを多く書いています。その作品をおすすめ順にまとめてみました。①高層の死角江戸川乱歩賞受賞作であり、ミステリー作家としてのデビュ

このミステリーがすごい!2016年版 国内ベスト10予想

更新終了☆☆☆このミス2016このミステリーがすごい! 2016年版 [単行本]宝島社2015-12-102015年11月11日時点でのこのミスベスト10予想今まで予想がかすりもしていない管理人によるこのミス国内ベスト10予想です。しかも、今年は特に、本命不在という感じで予想が難しいですよ

本格ミステリベスト10・ 2016年版国内版順位予想

更新終了☆☆☆本ミス20162016本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2015-12-042015年11月17日時点での本格ミステリベスト10予想このミス国内編に続いて、本ミス国内編の順位も予想してみました。しかし、今年の本格ミステリーは粒ぞろいなのにも関わらず、突

2015年発売!注目の国内本格ミステリ

最新更新日2017/11/11☆☆☆2015年に発売された本格ミステリの中から良作と思われるものを集めてみました。ただし、すべてが謎解きやトリックがすぐれているわけではなく、中にはミステリーとしては微妙だが、物語として評価の高いなどといった作品も含まれているのでその点

2015年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2017/12/27ユートピア(湊かなえ)足の不自由な小学生・久美香の存在がきっかけとなって3人の女性がボランティア基金「クララの翼」を立ち上げる。ところが、久美香が実際は歩けるのではないかという疑惑が向けられ、歯車が狂いだしてくる。やがて、彼女たちの周り

↑このページのトップヘ