物語良品館資料室

ここは、ミステリー小説を中心としつつ、あらゆるジャンルの小説・映画・漫画などから面白そうな作品をピックアップし、良作候補としてその概要を保管しておく場です。どれが良作候補であるかは、「なんか評判がよさそうだから、有名な賞をとったから」などというノリでアバウトに決めています。また、個人的な趣味も色濃く反映されています。もちろん、ここに載っていないからといって良作でないというわけではありません。作品を格付けするのが目的ではなく、作品の購入&レンタル候補としてチェックしておくためだけのサイトなので、その点ご了承ください。各タイトルのコメントも一部を除いて管理人自身の意見ではなく、ネットなどの最大公約数的感想をざっくりとまとめたものです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・amazonアソシエイト参加表明文 当サイト、物語良品館資料室はamazonアソシエイトプログラムに参加を申請し、承認されました。ついては規約に従い、その旨を表明致します。

タグ:このミステリーがすごい!

このミステリーがすごい!2019年版 国内ベスト20予想

 最新更新日2018/01/13☆☆☆このミス2019対象作品である2017年11月1日~2018年10月31日発売のミステリー&エンタメ作品の中からこのミスベスト20の予想をしていきます。  国内版暫定予想順位(2018年1月現在) 1位.U(皆川博子)   傾国の時を迎えようとしていたオスマ

このミステリーがすごい!2019年版 海外ベスト20予想

最新更新日2018/01/15☆☆☆ このミス2019対象作品である2017年11月1日~2018年10月31日発売のミステリー&エンタメ作品の中からこのミスベスト20の順位予想をしていきます。海外版暫定予想順位(2018年1月現在)1位.地下鉄道(コルソン ホワイトヘッド) 19世紀。奴隷少女

このミステリーがすごい!2017年版 国内&海外ベスト10予想

更新終了☆☆☆このミス2017このミステリーがすごい! 2017年版 [単行本]宝島社2016-12-10 国内編順位予想去年惨敗の管理人が再度このミスベス地10の予想に挑戦します。今年は去年以上に本命不在で予想は困難を極めました。それでもがんばって順位づけした結果がこれです。①

このミステリーがすごい!2016年版 国内ベスト10予想

更新終了☆☆☆このミス2016このミステリーがすごい! 2016年版 [単行本]宝島社2015-12-102015年11月11日時点でのこのミスベスト10予想今まで予想がかすりもしていない管理人によるこのミス国内ベスト10予想です。しかも、今年は特に、本命不在という感じで予想が難しいですよ

↑このページのトップヘ