物語良品館資料室

ここは、ミステリー小説を中心としつつ、あらゆるジャンルの小説・映画・漫画などから面白そうな作品をピックアップし、良作候補としてその概要を保管しておく場です。どれが良作候補であるかは、「なんか評判がよさそうだから、有名な賞をとったから」などというノリでアバウトに決めています。また、個人的な趣味も色濃く反映されています。もちろん、ここに載っていないからといって良作でないというわけではありません。作品を格付けするのが目的ではなく、作品の購入&レンタル候補としてチェックしておくためだけのサイトなので、その点ご了承ください。各タイトルのコメントも一部を除いて管理人自身の意見ではなく、ネットなどの最大公約数的感想をざっくりとまとめたものです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・amazonアソシエイト参加表明文 当サイト、物語良品館資料室はamazonアソシエイトプログラムに参加を申請し、承認されました。ついては規約に従い、その旨を表明致します。

おすすめ!日本の密室殺人ミステリー

最新更新日2018/02/07☆☆☆本格ミステリの歴史を鮮やかに彩る密室トリックは最初のミステリー小説である『モルグ街の殺人』ですでにその萌芽をを見せ、『ビッグボウの怪事件』、『黄色い部屋の謎』などを経て、ジョン・ディスクン・カーの登場とともに大きく花開いていきま

2017年発売!注目の国内本格ミステリ

最新更新日2018/06/29☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の国内本格ミステリPrevious⇒2016年発売!注目の国内本格ミステリ2018本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2017-12-07本格ミステリ戯作三昧ー贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力(飯城勇三)名探偵・

2017年発売!注目の海外本格ミステリ

最新更新日2018/01/12☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の海外本格ミステリPrevious⇒2016年発売!注目の海外本格ミステリ2018本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2017-12-07三つの栓(ロナルド・A・ノックス)65歳未満で亡くなると保険金が支払われるという安

2017年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2018/01/22☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説Previous⇒2016年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09毎年、記憶を失う彼女の救いかた(望月拓海)尾崎千鳥は

2017年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2018/03/19☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説Previous⇒2016年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09蝶のいた庭(ドット・ハチソン)拉致監禁されていた若い

2017年発売!注目の国内冒険小説&ハードボイルド

最新更新日2018/07/02☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の国内冒険小説&ハードボイルドPrevious⇒2016年発売!注目の国内冒険小説&ハードボイルドこのミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09サハラの薔薇(下村敦史)峰隆介率いるエジプト調査隊は苦労の末によ

2017年発売!注目の海外冒険小説&ハードボイルド

最新更新日2018/06/08☆☆☆このミステリーがすごい! 2018年版 [単行本]宝島社2017-12-09ニューヨーク1954(ディヴィット・C・テイラー)赤狩りが吹き荒れる1950年代のニューヨーク。ブロードウェイで活動しているダンサーが自宅のアパートで殺されているのが発見される。彼

2017年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説

最新更新日2018/07/09☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説Previous⇒2016年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説SFが読みたい!2018年版 [単行本]早川書房2018-02-09アリスマ王の愛した魔物(小川一水)醜悪な見た目の第六王子アリマス。彼は卓越した計

2017年発売!注目の海外SF&ファンタジー小説

最新更新日2018/02/13☆☆☆Next⇒2018年発売!注目の海外SF&ファンタジー小説Previous⇒2016年発売!注目の海外SF&ファンタジー小説SFが読みたい!2018年版 [単行本]早川書房2018-02-09地下鉄道(コルソン・ホワイトヘッド)19世紀のアメリカ南部。黒人少女のコーラは農園

2017年発売!注目のライトノベル(kindle版)

最新更新日2017/4/2☆☆☆Next⇒2018年発売!おすすめライトノベル初巻限定レビュー(kindle版)Previous⇒2016年発売!注目のライトノベル(kindle版)このライトノベルがすごい! 2018 [単行本]宝島社2017-11-25定番の人気シリーズRe:ゼロから始める異世界生活 15(長川達平

2017年発売の気になる漫画を総チェック(既刊5巻限定)

最新更新日2018/03/17☆☆☆Next⇒2018年発売!おすすめコミック初巻限定レビュー(kindle版)Previous⇒2016年発売の気になる漫画を総チェック(既刊5巻限定)個人的に気になる漫画を集めたチェック用ページです。※主に既刊5巻以下のコミックをチェックしています。【我ら

【涙香迷宮】竹本健治おすすめ作品【2017年このミス1位】

最新更新日2017/01/10☆☆☆2017年版このミステリーがすごい!において見事第1位をゲットした竹本健治氏は、40年のキャリアを誇るベテラン作家です。そこで、初の1位を記念して、過去に書かれた作品の中でおすすめのものを紹介していきます。匣の中の失楽 (1978)『ドラマグ

ベイジル・ウィリング博士シリーズ全作品ガイド【ヘレン・マクロイ】

/最新更新日2017/11/14☆☆☆戦前から戦後にかけて欧米ではすぐれた本格ミステリが数多く輩出されましたが、昭和の時代においては、その多くは日本の読者の目に触れることはありませんでした。アガサ・クリスティ、エラリー・クイーン、ディクスン・カーなどといったビッグネ

【ノスタルジアの魔術師】恩田陸 おすすめ作品【蜜蜂と遠雷】

最新更新日2016/12/29☆☆☆90年代から高い人気を保ち続け、2017年には第156回直木賞を受賞した恩田陸女史ですが、その作品の数はかなりの数に及び、これから挑戦しようという方にとってはどれから読めばよいのか迷うところでしょう。そこで、デビュー以来、四半世紀の間に発

【密室殺人】おすすめ!密室トリックアンソロジー【不可能犯罪】

最新更新日2016/12/27☆☆☆最近ではさすがに斬新なアイディアも尽き、密室トリックが評判になるミステリーもほとんどなくなってきましたが、それでも密室という響きはミステリーファンにとってはなんとも言えないロマンを感じさせてくれるものです。できれば密室トリックを

不可能犯罪の歴史 海外編Ⅰ.ディスクン・カー以前

最新更新日2016/06/09☆☆☆Next⇒不可能犯罪の歴史 海外編Ⅱ.ジョン・ディクスン・カーの時代内部から鍵のかかっている部屋に死体が転がっている密室殺人、袋小路から忽然と姿を消す人間消失、犯人は空中を歩いたとしか思えない足跡のない殺人など物理的に不可能と思われる現

不可能犯罪の歴史 海外編Ⅱ.ジョン・ディクスン・カーの時代

最新更新日2016/06/09☆☆☆Previous⇒不可能犯罪の歴史 海外編Ⅰ.ディスクン・カー以前1930年に『夜歩く』でミステリー作家としてデビューを果たしたジョン・ディクスン・カーは、次々と独創的なトリックを考案して不可能犯罪のバリエーションを広げていきました。それと並

60年代&70年代限定!西村京太郎作品おすすめベスト10

最新更新日2016/06/02☆☆☆西村京太郎氏と言えば、トラベルミステリーの第一人者として知られています。これまで発表されたトラベルミステリーがおおよそ500冊というのですからとんでもない数です。西村氏が初めてトラベルミステリーを書いたのは1978年で、ほぼトラベルミス

海外本格ミステリの歴史Ⅰ.黎明期

最新更新日2016/05/28☆☆☆Nexst⇒海外本格ミステリの歴史Ⅱ.発展期ミステリー小説が誕生して200年近くになりますが、その間に星の数ほどの作品が登場しました。その中から、まずは本格系ミステリーに絞って、主要作品を紹介していきます。1841年モルグ街の殺人(エドガー・

海外本格ミステリの歴史Ⅱ.発展期

最新更新日2016/03/01☆☆☆Next⇒海外本格ミステリの歴史Ⅲ.黄金期Previous⇒海外本格ミステリの歴史Ⅰ.黎明期シャーロックホームズが一大ブームとなってからはそれに追随作品が次々と誕生し、名探偵が難事件を解決するというフォーマットが固まっていきます。それに従い、

海外本格ミステリの歴史Ⅲ.黄金期

最新更新日2016/02/27☆☆☆Previous⇒海外本格ミステリの歴史Ⅱ.発展期1920年代になるといよいよ本格ミステリが花開きます。短編ミステリに代わって長編が主役の座につき、長編ミステリーの巨匠たちが登場します。1920年から約20年間が黄金期と呼ばれる時代です。1920年スタ

このミステリーがすごい!2017年版 国内&海外ベスト10予想

更新終了☆☆☆Next⇒このミステリーがすごい!2019年版 国内ベスト20予想Previous⇒このミステリーがすごい!2016年版 国内ベスト10予想このミス2017このミステリーがすごい! 2017年版 [単行本]宝島社2016-12-10 国内編順位予想去年惨敗の管理人が再度このミスベス地10の予

本格ミステリベスト10・2017年版 国内&海外予想

更新終了☆☆☆Next⇒本格ミステリベスト10・2019年国内版予想Previous⇒本格ミステリベスト10・ 2016年版国内版順位予想本ミス20172017本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2016-12-05国内編順位予想このミスに比べれは割と的中率は高かった去年の本ミス。

2016年発売!注目の国内本格ミステリ

最新更新日2017/12/06☆☆☆Next⇒2017年発売!注目の国内本格ミステリPrevious⇒2015年発売!注目の国内本格ミステリ本格ミステリが大豊作だった2015年に比べると去年は小粒な感は強かったですが、それでもミステリーファンを楽しませてくれる作品は数多くあります。こまめ

2016年発売!注目の海外本格ミステリ

最新更新日2017/12/07☆☆☆Next⇒2017年発売!注目の海外本格ミステリPrevious⇒2015年発売!注目の海外本格ミステリ浴室には誰もいない(コリン・ワトソン)英国ではユーモア・ミステリーの書き手として知られるコリン・ワトソンの『愚者たちの棺』に続く日本上陸作。家の

2016年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説

最近更新日2017/12/25☆☆☆Next⇒2017年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説Previous⇒2015年発売!注目の国内サスペンスミステリー&警察小説愚者の毒(宇佐美まこと)1965年の炭坑での悲惨な生活と陰惨な殺人に端を発する因縁話はひたすら重苦しいトーンで進

2016年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説

最新更新日2017/12/24 ☆☆☆Next⇒2017年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説Previous⇒2015年発売!注目の海外サスペンスミステリー&警察小説オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン(サムエル・ビョルク) オスロ山中で6歳の少女の首吊

2016年発売!注目の国内冒険小説&ハードボイルド

最新更新日2017/12/10Next⇒2017年発売!注目の国内冒険小説&ハードボイルドPrevious⇒2015年発売!注目の国内冒険小説&ハードボイルド夜明けまで眠らない(大沢在昌)元傭兵のタクシードライバー。足を洗って目立たず生きる日々。しかし、血の匂いのする客を乗せ、再び戦

2016年発売!注目の海外冒険小説&ハードボイルド

最新更新日2017/12/26その雪と血を(ジョー・ネスボ) 不貞を働いたという妻の始末をボスに命じられたオーラヴだったが、彼はボスの妻をひと目見た瞬間、恋に落ちてしまう。 雪に染まる70年代のノルウェーを舞台に繰り広げられる血と静謐のバイオレンス。暴力的でありながら

2016年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説

最新更新日2018/01/09☆☆☆Next⇒2017年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説Previous⇒2015年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説SFが読みたい! 2017年版 [ムック]S‐Fマガジン編集部早川書房2017-02-09横浜駅SF(柞刈湯葉)横浜駅が自己増殖を始め、本州を覆い尽くし

↑このページのトップヘ