物語良品館資料室

ここは、本格ミステリを中心としつつ、あらゆるジャンルの小説・映画・漫画などから面白そうな作品をピックアップし、良作候補としてその概要を保管しておく場です。どれが良作候補であるかは、「なんか評判がよさそうだから、有名な賞をとったから」などというノリでアバウトに決めています。また、個人的な趣味も色濃く反映されています。もちろん、ここに載っていないからといって良作でないというわけではありません。作品を格付けするのが目的ではなく、作品の購入&レンタル候補としてチェックしておくためだけのサイトなので、その点ご了承ください。各タイトルのコメントも一部を除いて管理人自身の意見ではなく、ネットなどの最大公約数的感想をざっくりとまとめたものです。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・amazonアソシエイト参加表明文 当サイト、物語良品館資料室はamazonアソシエイトプログラムに参加を申請し、承認されました。ついては規約に従い、その旨を表明致します。

2016年発売の気になる漫画を総チェック(既刊5巻限定)

最新更新日2017/4/15☆☆☆個人的に気になる漫画を集めたチェック用ページです。※既刊5巻以下のコミックを中心にチェックしています。このマンガがすごい! 2017 [単行本]宝島社2016-12-10【たちあがれ!オークさん 1】孤児院を出て働くことになった少女イネスしかし、紹介さ

終末世界への憧れ

最新更新日2015/12/20☆☆☆終末という言葉には不安と共にある種、憧憬の響きがあります。それは人間誰しも避けて通れない死を少しでも鮮やかに彩りたいというアンビバレンスな気持ちだったりしますが、文明が崩壊した風景には恐ろしさと同時に、安らぎに似た感情を感じるの

戦前の探偵小説作家についてまとめてみた

最新更新日2017/11/16☆☆☆戦後の作家に比べ、あまりその存在が知られていない戦前の探偵小説作家についてまとめてみました。今となってはマイナーになってしまった作家にも意外と良作が隠れているものです。なお、この時期の作家は著作権が切れている場合が多いので、興味

このジョン・ディクスン・カーがひどい!10選

最新更新日2015/11/25☆☆☆私が、ミステリー作家の中で最も敬愛しているのはジョン・ディクスン・カー(カーター・ディクスン)なのですが、彼の作品は代表作だけでなく、マイナー作品もその存在が気になってしまうという独特の引力があります。では、それらの作品が代表作

本格ミステリ限定、森村誠一作品おすすめ10選

最新更新日2015/11/23☆☆☆社会派ミステリーの色が強い森村誠一氏の作品群ですが、初期には、社会問題を絡めつつも王道的な本格ミステリを多く書いています。その作品をおすすめ順にまとめてみました。①高層の死角江戸川乱歩賞受賞作であり、ミステリー作家としてのデビュ

このミステリーがすごい!2016年版 国内ベスト10予想

更新終了☆☆☆このミステリーがすごい! 2016年版 [単行本]宝島社2015-12-102015年11月11日時点でのこのミスベスト10予想今まで予想がかすりもしていない管理人によるこのミス国内ベスト10予想です。しかも、今年は特に、本命不在という感じで予想が難しいですよね?それでも

本格ミステリベスト10・ 2016年度版国内版順位予想

更新終了☆☆☆2016本格ミステリ・ベスト10 [単行本]探偵小説研究会原書房2015-12-042015年11月17日時点での本格ミステリベスト10予想このミス国内編に続いて、本ミス国内編の順位も予想してみました。しかし、今年の本格ミステリーは粒ぞろいなのにも関わらず、突出した作品

2015年発売!注目の国内本格ミステリ

最新更新日2017/11/11☆☆☆2015年に発売された本格ミステリの中から良作と思われるものを集めてみました。ただし、すべてが謎解きやトリックがすぐれているわけではなく、中にはミステリーとしては微妙だが、物語として評価の高いなどといった作品も含まれているのでその点

2015年発売!注目の海外本格ミステリ

最新更新日2016/01/04☆☆☆摩天楼のクローズドサークル(エラリー・クイーン)60年代に乱発されたエラリークイーンの名義貸し作品のひとつで、実作者は、『クランシー・ロス無頼控』で知られているミステリー作家のリチャード・デミング。話は、銃殺死体が発見された直後に

2015年発売!注目の国内SF&ファンタジー小説

最新更新日2016/1/1☆☆☆モナドの領域(筒井康隆)土手で女性の腕が発見された事件から物語は始まり、その一方で、アートベーカリーではリアルな腕の形をしたパンを作られ、評判となっていた。さらに、それを購入した結野教授は不思議な力を発揮し、人々に対して、自分が全

2015年発売!注目の海外SF&ファンタジー小説

最新更新日2016/1/12☆☆☆世界の終わりの七日間(ベン・H・ウィンタース)もうすぐ小惑星が激突し、人類が滅ぶ世界で事件の捜査を続ける元刑事の姿を描いたSFハードボイルド。『地上最後の刑事』、『カウントダウン・シティ』に続くシリーズ完結編。人類滅亡があと1週間に

2015年公開のアニメ映画 !テレビ経由でない新規作品レビュー

最新更新日2016/06/19☆☆☆今や日本はアニメ大国となり、映画においても興行成績上位の多くがアニメが占めています。しかし、そのほとんどは、テレビアニメとして放送されてから映画化されたもので、劇場オリジナルでヒットを記録したのは、ジブリや細田守監督作品などほん

2015年発売の気になる漫画を総チェック(既刊5巻限定)

最新更新日2017/3/23☆☆☆個人的に気になる漫画を集めたチェック用ページです。※既刊5巻以下のコミックを中心にチェックしています。このマンガがすごい! 2016 [単行本]宝島社2015-12-10【コタローは一人暮らし 1】ある日、アパートに引っ越してきたコタロー彼は4歳でなん

↑このページのトップヘ